スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2018年08月27日

5.11 tactical Ridgeline pant




 タクティカルパンツって最近日本では流行らない感じがしますが、この趣味を割と長くやってる人なら5.11やウーリッチタクティカルやEOTAC(どうなったんだろここ)などなど、お馴染みの品ですよね。

 最新のパンツがどうなっているのか知りたいのと、持ってるBHIのパンツに不満を感じていたので表題の物を買ってみました。



 ぱっと見は普通な感じ。色はバトルブラウンという5.11オリジナルっぽい色。他に黒と緑があります。
 まず全体としては、薄く軽く伸びます。もうこの時点で合格ですが、細部を紹介します。



 フロントをアップで。
 普通のポケット2つとタクティカル系パンツによくあるなんて呼べばいいのか分からないポケットが2つ。ニーパッドは入りません。
 この呼び方が分からないポケットは非常に便利ですよね。M4のマガジンやスマホを入れるのにちょうど良いサイズです。蓋も無いのでますます便利。



 ウエスト部はよくあるゴムで伸び縮みするような造りにはなっていませんでした。
 ですが生地自体が伸びるので、多少は変わるような気がします。



 ポケットをアップで。
 かなり補強されていますね。この補強はあちこちにあります。



 まあ普通。



 背面。太もものカーゴポケットがないのでかなりスッキリしていますよね。



 ポケットをアップで。
 目立つポケットが2つありますが、その上にも目立たないポケットが配置されています。
 M4マガジンやスマホにちょうど良いサイズなのはフロント部と同じですね。
 ロゴは控えめです。



 股というか、内側全部が別生地?になっていて、股を開いたりしやすくなっています。



 リップストップでテフロン加工。隙が無いですね。







 パンツ自体の紹介はここまでです。
 セクター5でのサバゲでこれを履いていきましたが、今まで履いたこの手のパンツの中では最高だと思います。

 とにかく履き心地が良いです。
 軽い薄い伸びる・・・は上に書きましたが、実際履いてゲームしてみて、汗をかいてもべたつかなかったし(昔ながらのコンバットパンツはこれが酷い)、各所のポケットも使いやすいと思いました。
 動きにしっかりついてくるというか、ストレスを全然感じさせない履き心地でした。

 ちょっと気になったのはベルトループの細さで(1.5インチが限界?)、多分これはそこまでヘビーな使い方を想定していないデザイン(カーゴポケットが無い、ポケットにフラップが無い等)故かと思います。

 総合すると(耐久性は未知数ですが)とんでもなく良いパンツなので、結構オススメでした。








 余談ですが、セクター5の帰りにシューティングバーM4に寄ってみるとこんな素晴らしい物があったので買ってしまいました。ここ数ヶ月Tシャツやアロハシャツでばかりサバゲをしちゃっているのですが、流れは止まりませんね・・・
  


2018年07月10日

LAGGOON CITY 参戦記



 週末の天気がえげつないことになっていましたが、奈良のラグーンシティが開催になっていたので参加しました。
 日曜の奈良は快晴でしたね。



 ほんとはCIA風の装備を組んでいきたかったのですが、荷物を小さめに抑える必要が出てしまいなんかよく分からん感じになりました。
 ですが、個人的には合わせにくかったデザートタイガーをそれなりに着こなせたんではないかと思います。



 リグはこれでした。
 以前記事にしたUWチェストリグと似ていますが、これは実物ではなくエマーソンのレプリカです。

 実物の方はマガジンポーチの使いにくさがどうしても気に入らず手放してしまっていました。
 (チェストリグそんなに使わないので、高価な物を持っててもしょうがないから・・・という貧乏な理由もありましたが)

 エマーソンのレプリカは実物の1/3くらいの値段ですが、実物より使いやすかったですw
実物はマグポーチがキツキツでどうしようもなかったのですが、レプリカはわりと使いやすいサイズになっていました。

 あとは同じなんで、特に語ることはありません。
 背中のベルクロが単色になっていたくらいで、パッと見では見分けつかないと思います。



 肩が長すぎるのも同じですねw



 買ったからにはとりあえずつけておくトリガーポーチ



 銃はこの二つと、雨のとき用にエアコキガバも持っていきましたが快晴だったので使わず。
 RC2はゲームに投入するの初めてかも。MINI2よりも音消えないかな?と淡い期待も寄せてはみましたが、当然大して変わるはずもなく。

 他にも、



 ケンタ君の素敵すぎるガスブロAUGと(リコイル凄かった)



 なかなか上手くいった大統領選など、ネタにはことかかない一日で楽しかったです。
 
 でも、次はちゃんとプレートキャリアとヘルメットを持っていきたいですね・・・
 LE祭も行けなかったし、HRTの装備したいなー

  


2018年07月04日

HSGI TACOとBHI スピードクリップ



 TACOポーチのレビューはしたことあるつもりになっていましたが、してなかったのでやっときます。

 インスタで相互フォローの人がAVSのフロントにTACOポーチを並べているのを見て、かっこよすぎたので真似することにしましたw
 今回用意したのはSingle Rifle Magazine Pouchを2つと、Double Decker TACO™" Magazine Pouchを1つです。
 シングルライフルは前から知っていましたが、タブルデッカーは初めて入手しました(TMCのは持ってましたが)

 特に今更いうこともありません。なんにでも使えて便利だよねってくらいです。

 今回は使い勝手等は置いといて、自分なりの接続方法について書きます。TACOの背面ウェビングがとても使いづらく、プレートキャリア等に装着するとき苦労した話はよく聞きます。もはやサバゲあるあるですよね(最近はLTモデルっていう軽くて装着しやすいモデルも出ました)



 マリスクリップが標準でしたが使うと地獄を見ますし、最近のHSGIが作ったクリップもまあまあ使いにくい。
 なので自分は昔からこれを使っています。



 BHIのスピードクリップという商品。このサイズはウィリーピートで6本1200円であります。
 正直本職からの評判があまり良くなかったし、日本国内でもそんなに流行らなかったので埋もれてしまった感があるんですが、TACOを装着するにおいてこれ以上のものは無いと断言できます(TACO以外にはそれほど使うメリットはないです)



 これをポーチとキャリアのウェビングに交互に差し込んで、上と下の部分をひっかければ完了です。



 説明書の絵はよく分からない。



 とりあえず着けたい部分にTACO当てて、上からクリップを差し込みました。
 あらかじめクリップをTACO背面のウェビングに差し込んでクセをつけておくと作業は楽です。



 予想より苦労しつつも(数年前にやったきりだったので)3つ並べて装着できました。
 TACOも比較的楽に装着できましたし、他のポーチに使ってもかなり脱着は楽になります。
 ただガッチリと着いている感じがしない(ちょっと揺れる?)のと、衝撃に弱そう(簡単に外れそう)な気がするので、その辺りをどう考えるかですね。

 経験上、サバゲで過去使っていて勝手に外れたりはしていないので、ポーチ脱着に困っている方にはオススメです。  


2018年06月20日

TMC AVS MBAVプレートポーチ



 実はだいぶ前に、右肩がえぐれてる人にTMCのAVSを売ってしまったんで、このカテゴリーを使うことはもうないと思っていました。

 そしたら昨年の今頃、TMCがMBAVプレートポーチのレプリカを発売するというまさかの発表があり、待つこと一年・・・


 発売されてすぐに注文、香港(ebairsoft)から3日で届きました。
 ちなみに商品名はAV8 MBAV Plate Set といいます。Sを8にして無理矢理誤魔化すテクニックは真似したい。


 実物とは比較できない(持っていたらこんなん買うわけない)のでこれ単体の紹介になります。
 


 憧れていた台形の外観!実物はもっと角が立っていたような気もしましたが、まあこんなもんでしょう。
 デタッチャブルフラップMOLLEのレプリカもついているので、別に買わなくてもポーチ付けてすぐ使えます。



 裏面です。
 下のほうにウェビングがあるんで、パネル等をぶら下げることもできますね。



 背中側。写真撮ってなくて盛り付け後の写真です。
 2016verのスタンダートプレートポーチだと迷彩になっていた部分がちゃんと単色化してて、かなり進化したのを感じます(CPCはとっくに単色になってたんだけど)



 裏面!実物にある大きなタグが無いだけで、あとは同じに見えますね。
 横のウェビングにカマーバンドを通すことで、ハーネスが無くてもプレートキャリアとして使うことができます。最近よく見る仕様ですね。



 丁寧に肩バックルもついてくるんですが、ハーネス無しで組むと使えませんでした。
 ハーネス無しだとバックルを使わないのが前提なんでしょうか。


 もともとダミープレート入ってるんで中までちゃんと見てませんが、、一応仕切りがあってソフトアーマーもつっこめそうですね。



 JPCから引きはがしたカマーバンドをつけてサバゲに投入しました。
 フロントの3連ポーチでほとんど用が済んでいたので、サイドのテンスピードポーチはあまり使わなかったですね。
 
 ショルダーパッドは手に入らなかったのでAPCから持ってきたんですが、これが案外よかったです(APCに使うより良かったかも)


 AVSだったからというわけではないのですが、今回の構成は非常に使いやすかったです。
 ESSTACのマグポーチは接続部分がうんちなんでそこまでですが、他は最高。



 あんまり使っている人見かけないCRYEの小さい下腹部パネルも程よい大きさで良かったです。
 この位置のポーチは使いやすいですが、パネルに対して大きすぎるのでもっとコンパクトなものを探します。

 米軍特殊部隊の定番プレキャリなので色々と楽しめそうです。
 




 一緒に行ったKさんは実物AVSでハーネスもついてます。
 凄く良いな~


 ちなみに行ったフィールドはUFガーディアンです。

 今まで無かったような構造物がだいぶ増えて、また面白くなっていました。





 めっちゃ立派なやつができてまして




 
 上からの撮影もしやすくなりましたよ。他にも変わったところがいっぱいありました。
 話によると、まだリニューアル途中だそうで・・・



 変化しててもUFは楽しかったですね。またすぐにでも行きたいです。


  


2018年06月16日

USAF フライヤーズキットバッグ




 公共交通機関を利用してサバゲに行く人は結構いると思います。
 自分もそうなんですが、大量の荷物を持っていく人にとっては鞄選びは死活問題ですよね。

 Lサイズのキャリーバッグ(表面固いやつ)を使っていたのですが、安物だったためか半年ほどでコロコロが破損しました。
 確かに入れているものが重すぎたのもあるとは思いますが・・・

 一応まだ使えますが、表題の物がまあまあ安かったので買い換えてみました。



 USAF フライヤーズキットバッグという名前で、これは1981年製。古!
 パラシュートバッグだのアビエイターバッグだの色々呼び方はあるみたいです。


 
 大きさはだいたい高さ50センチ、横60センチ、幅30センチ。柔らかいコットン製なので形状はある程度変化できますので、幅40センチくらいの物でも入ったりします。ハードケースにはできない芸当ですね。
(製造年月日が新しい目の物はナイロンで作られているそうです)





 ジッパーで開閉するのですが、その上にさらにフラップがあって雨よけになるみたいです。
 全体的に雨が染みてきそうな雰囲気なんですが、そこは気にしないようにします(雨ならゴミ袋にでも包みます)



 取っ手があります。



 底までぐるっと縫い付けられて、かなり頑丈そうです。



 中は仕切りとか底板とか一切なく、ただ物を入れるだけです。
 物足りなさを感じる場合もあると思いますが、ただ嵩張る物を入れるだけならこれが一番便利でしょう。
 それに、使わないときは小さく畳めます。まあ、底板くらいはあった方が便利ですが。

 頑張って色々とネタを探してみましたが、結局頑丈でデカいバッグだなーとしか言いようがないので、これ以上本体について書くことはありません。
 
 これでおしまいではあまりにも味気ないので、明日のサバゲの準備ついでに荷物を入れてみます。



 今回のサバゲの荷物は
 ・コンバットパンツ
 ・プレートキャリア(ハーネス無し)
 ・ヘルメット
 ・ベルトキット(ホルスター、ハンドガンも)
 ・別のハンドガンとホルスター
 ・アイウェア
 ・ヘッドセット
 ・小物類袋
 ・電池、工具類箱
 ・弾ガス
 
 とこんな感じですが、全部入れてみます(長物やバッテリー、スリングはガンケース)





 すっぽりいけました。今回入れたAVSはハーネス無しだったのでそこまで嵩張ってないですが、これをCPCやMBAVに替えても余裕で収まると思います。
 CPCは異常なほど嵩張って入れられる鞄が少ないのでありがたいです。
(でも中でぶつかって色々壊れないかな・・・壊れるような物ならいらんか)

 詰め込むときもあまり細かいことは考えずにどんどん放り込めました。やはりサイズに余裕があるのは強いですね。
 ただ中でゴチャゴチャになってしまうので、次は整理しやすいように収納袋やバッグインバッグなどを活用したいと思います。



 詰め込むのは容易でしたが、持ち運びは取っ手だけなので厳しいですね。なのでamazonで買ったカートを使います。 
 車で移動する場合ならキャリーカートは使わずにバッグだけ使ったりできるので、キャリーバッグを使うよりも融通が利くようになったと思います。






 こんな感じの鞄欲しいけど、これは汚いしコットンだしやだなーって人も多いと思います。その場合はLBTから同じような形で放出品じゃないやつが出てるんでそれを買ってください。自分もお金があればそっち買ってました。
  


Posted by くずき  at 12:00Comments(0)装備系バッグ・ガンケース

2018年06月05日

ショットショージャパン2018春と戦利品



 毎年恒例のショットショージャパン春の部に行ってきました。
 今年も年3回あるらしいです。次は9月15日、16日らしいですよ。


 今回はいつもお世話になっていたブースがほとんど来てなかったので、あまり語ることはないです
 (放出品いっぱい持ってくるところとか、SAMURAIとか来てなかったしー)

 マルイブースも89式が試射できるようになっていたくらい(自分は撃ってませんが)
 あの誰得なバイオコラボはなんなんだろう。もうやめてくれ。



 G&Gは凄いですね。F2000とかちょっと欲しいぞ。



 VOLKのブースにて、2017冬ショットショーの時に買ったお気に入りのジャンパーが半額たたき売りされていたのは悲しかったですw





 昼はなんばグランド花月のすぐ傍にあるTHE BUTCHERというハンバーガ・ステーキのお店へ。
 自分の中では最も美味いハンバーガーです。



 では戦利品を。



 ユニオンジャックのパッチはTPラボ、星条旗のパッチは明日香縫製です。
 明日香縫製のはアウトレット1枚1000円だったのでつい・・・ここのパッチは色合いが渋くて、造りも丁寧なので最高です。

 パッチの下は手榴弾の実物ピン、200円。
 ちょうどこの前のサバゲでスパルタン製ダミーM67のピンを無くしてしまっていたので、最高のタイミングでした。

 弾はちょっと安かったので購入、ホース・ソルジャーの原作はカギッキさんのブースで買いました。
 映画はとんでもない出来だったので、原作を読み返そうと思いますw



 今回の買い物で一番よかったのはVOLK BB CAPでした。
 自分は頭の形状がいびつでデカいのでFLEXFITのキャップは合わないのばかりでしたが、これはかなり大きめでいい感じでした。もちろんデザインも最高です。
 VOLKは昔と比べ、年々クオリティが上昇してきているのを感じます。



 アロハシャツだけはドンキホーテ買いました。
 サバゲのチーム分けの邪魔にならないよう青色で、できるだけ派手なやつを選びましたがウッドランドと色の相性が良くて気に入りました。
 1300円もしなかったはずなので、オススメです。

  


2018年05月03日

ヤツフェス in SURE SHOT




 引っ越したりで忙しくブログから遠ざかってましたが(嘘です下書きにめっちゃ溜まってます)楽しいサバゲに行ってきたんで書きます。
 兵庫県のSURESHOTで開催された友達のヤツ君主催のヤツフェスってサバゲだったんですが、色々と盛りだくさんで本当に楽しかったです。



 なんかフェスらしいので、我々もチェックシャツできっちり揃えて参加しました。
 最近ワイルドランズばっかりやってる影響もありますが・・・



 自分は特にテーマを決めずにJPCを中心にCRYE MRBとあわせて今回のギアとしました。



 JPCの盛り方は難しくていつも試行錯誤してます・・・w
 今回はベルトもそれなりに盛って、JPCの背中はシンプルにしときました。この位置の逆さ付けスモークポーチが個人的にありかなと





 キャップにゴーグルはしにくいのでエアフレームを被ったり、マルチラップをビーニーのようにして被ったりしていました。マルチラップは本当に便利ですね。



 個人的に目玉はこれ!
 ハンドメイドで作ってもらったブラックマルチカム風カイデックスホルスターで、対応機種はグロック17、22、34、M&P9(多分M&P9Lも)にX300Uをつけたものです。
 背面はQLS19仕様にしてもらったので、QLS22がついてるアダプターなら瞬時に装着可能。最高です。



 自分個人の話はこれくらいで、フェスの話をしておきますと、まず目を引くのがミニガン(なんか小さいけど・・・気のせいかな)搭載車両での撮影!



 これはテンション上がる!(なんか小さいけど)



 翔さんも腰痛を忘れてハイテンション!



 翔さんは何故か東京で買って苦労して持って帰ってきたKJホークアイで参加してました。
 セミオートオンリーでよく当たる銃って最高ですね。ロマン溢れます。



 モンスター乾杯!







 ヤツ君の人脈を活かしたケータリングカー!
 クレープやらイカ焼やら種類もたくさん!イカ焼が最高すぎた!



 ゲームのことはあんまり覚えてないけど、ネタゲームもたっぷりで面白かったですよ。
 こんなん成立するん?みたいなルールでも、主催者がしっかり考えてやってくれていたので何のトラブルもなくスムーズに進行。当日は60人近くの参加者がいらしゃったみたいですが、彼の見事な采配でどのゲームも混雑することなく、素晴らしい一日となりました。



 凄い人脈ですね・・・尊敬します。



 主催者の背中。本当に色々とありがとう!!



 帰りは「旨いラーメン ゆうや」というちょっと変わった名前のラーメン屋に。
 実は前回SURESHOTに行った時も帰りここでした。

 ここはガチ旨いので、名前にひかずに行ってくださいw



 桐ちゃん、あんたのバナナTとバナナキャップは最高だった。




  


2018年02月02日

nhelmetのバリヘルにH-napeを!



 先日の記事でnhelmetのヘルメットについて軽く書きましたが、かなり安く手に入りました。
 


 東京の某ショップでは9000円で売られていましたが、エアガン市場では5000円でした。
 最初見つけた時は名前が似ている別物かと思ったのですが、同じものみたいです。

 現物を見れば、5000円で納得の代物でした。



 nhelmetはOPSCOREタイプ色々と出していますが、スタンダードを選びました。
 よくバリヘルって言われてますが、今ではXP HIGH CUTと呼ばれているモデルのレプリカです。



 色はマルチカム。水圧転写で色づけしているらしいです。
 マルチカムカラーは特注なのかと思ってましたが、普通にOPS-CORE公式ページにありました。



 マルチカムはしっかり刻印入り。ちゃんとしたパターンみたいです。



 とまあここまでは良いんですが、それ以外は全く褒められたものではありません。
 レール、VASシュラウドともにピンクがかった変な色でバリだらけ、ダイヤルライナーも動作は渋くFMAの物と比べてもだいぶ見劣りがします。



 写真で見ると色は普通に見えますが、やっぱりバリというかラインというか、仕上げはかなり雑ですね(ゴーグルつけるパーツだけは、FMAよりしっかりとはまりましたw)
 正直9000円で買ってたら後悔するレベルなので、あまり積極的にオススメはしません。

 自分は買う前からここまでは知っていたので、改善策を準備しておりました。

 ①頭が入るようにする(これはヘルメットのせいではなく俺の頭のサイズが問題w)
 ②シュラウドをなんとかする
 ③レールをなんとかする


 の3つをやっていきたいと思います、が③のレールについては塗装するだけなので後日にします。

 ①なのですが、サイズはM/Lベースなので小さめです。自分の頭ではちゃんと被れませんでした。
 なのでダイヤルライナーを取り払って



 こいつを使いました。OPS-CORE純正のH-NAPE、ついに実物チンストに手を出す羽目に・・・
 SサイズからXLサイズまで調整可能なもので、新型らしいのですが公式ページにあるものは2サイズありますね。
 パッケージ内の紙をよく見ると左利き用の項目もありますね。できればそれが良かった。



 ドライバー1本で終わる作業なので途中経過は割愛。
 頭のでかい人には必須のアイテムですが、もともとのチンストの質感が許せない人にとってもやりやすいカスタムではないでしょうか。

 ダイヤルライナーを外した後は、ストラップの長さとパッドの厚み・位置で調整する感じになります。
 実物のH-napeは被ったままでもストラップの調整可能なので、ぴったりフィットさせるのが簡単です。
 正直被り心地はかなり良くなりました。



 カッコいいですね。



 TMCエアフレームに付属の物と比べてみました。
 TMCはかなりいい仕事をしていますね。被り心地も実物と比べても全然許せる範囲だと思います。
 (正直TMCがチンスト別売してくれるなら、きっと安いはずなんでそっち買います。)



 安かったから衝動買いしていたスケルトンシュラウドをつけて②は解決。
 そういえばVASシュラウドの程度のいいレプリカって見たことないですね。





 パッチや小物を盛り付けて終了。
 あとはレールを塗装すれば完成ですが、わりとめんどくさい・・・w



 PVS31の存在感は偉大


  


Posted by くずき  at 01:30Comments(0)装備系ヘルメット

2018年01月23日

セクター5で撃ち初め&泉州タクティカルフィールド




 最近、忙しいのと熱が冷めてきたのとで満足にブログ更新していません。
 前はサバゲも行くたびに記事書いていたんですが、最近はさっぱり。今年はちょっとペースを元に戻していきたいと思います。

 2016年の下半期に行ったサバゲも記事にしていません(LE祭とか最高だったんだけど)が、もう今更書いても仕方ないので今年のサバゲから書いていきます。



 まずはお馴染み京都市のセクター5で撃ち初めでした。


 やっぱりアクセスが良い&気軽に参加しやすい&造りが楽しいのでどうしても行く回数が増えるフィールドです。
 ゲームも復活なし殲滅戦しか無いみたいですが、全然飽きませんね。





 狭い街中フィールドなので、ハンドガンのみで参加。前はM4持っていきましたが、ハンドガンのみの方が色々と都合がいいですw
 装備もコンパクトで済むのでこの後京都散策に行くこともできて、本当に便利なフィールドです。





 セクター5で遊び終えてから烏丸御池にある凄い王将に行きましたが、確かに凄かったです。




 そして本格的な(?)撃ち初め(装備初めかな)に泉州タクティカルフィールドに行ってきました。
 大好きなフィールドなんですが、しばらく行ってなかったような気がします。



 メインは昨年TROYのハンドガードを組んだ次世代M4です。
 インナーバレルを14.5インチバレル用の長い方に換装して初速85m/sまで出るようにしました。サプレッサー内部にインナーが達している形になるので消音効果は望めなくなりますが、もともと音なんか消えないので問題なしです。
 このハンドガードが物凄くとり回しがしやすくて、本当はMK18mod1風アッパーと交互に使うくらいのつもりだったんですが、こればっかり使ってしまいそうです。

 サイドアームは写真撮ってませんがマルイ電動グロック。相変わらず遠距離ではさっぱり当たりませんが、狭いところでしか使わないので弾さえ出てくれたらOKです。



 装備祭からのお付き合いになるKBさんとマルチカム装備合わせ。





 TYRのPICOとかフルマルチのL9上下とか憧れます・・・





 良い色してるnhelmetのマルチカム、このゲームから数日後、気付けば自分の家にもありました・・・



 冬にまともに動くAKがない湯浅君も元気そうでした。



 自分はやっと手に入れたFIRST SPEARのキャリアで参戦。
 着てみるとまあ普通な感じですが



 これは思った以上に良い機能ですね。また後日レビューします。



 久々に装備の開きなんかも。
 準備に時間がなさ過ぎてポーチ類は割とスカスカですw





 この日は1人で帰ったので、最近オープンしたばかりの鶴橋にあるサバ6製麺所でサバ寿司とサバ醤油ソバを。
 福島本店に行ったことあって、そこはかなり美味しくて感動したんですが、こちらは比較すると全然美味しくなかったですw
 やっぱり急速に店舗数が増えている店は要注意ですね。

 駆け足でサバゲ参戦記2回分書きましたが、今月はサバゲ4回という過密スケジュールなので、この後の参加ゲームについても急ぎで纏めていこうと思います。
 書きたいと思っている装備レビューも溜まってきているので、何とかしたいですね。


  


2018年01月03日

2017年(に日本で公開されたもの)見た映画ランキング




 皆さん、あけましておめでとうございます。
 すっかり映画の記事を書けていないので、正月休みに2017年の総括をしてしまいたいと思います。

 先に2017年の私的映画事情の話をしておくと、Netflixを契約したことが大きかったです。
 実際には2016年から入ってましたが、今年は見たくても見れてなかった映画がどんどんアップされる素晴らしい状況なので見まくりましたね。
 他のVODと違って字幕吹き替え切り替え放題なのも凄く良かったです。

 映画館も結構行きましたね。同じ映画を2回見たりもあったので、昨年公開だった「君の名は」も入れると22回行きました。多分過去最多です。それだけ観たい!と思える作品が多かった1年でした。
 作品自体は31本見たので、その中からベスト10をだらだらと書いていこうと思います。ランクの基準は適当ですが、上に行けば行くほどガチ順位です。


 それでは、2017年に日本で公開された映画(ビデオスルーやネットフリックス限定も含む)で、私的ベスト10を発表ます。

  » 続きを読む


Posted by くずき  at 00:50Comments(0)映画映画コラム